粉末焼結造形機

CADから複雑な製品を繋ぎ目無しで製造し、デザイン検証や試作部品として活用しています。
当社では主に、ナイロン12を使用しています。

粉末焼結造形機

粉末焼結造型機 ナイロン造型機

粉末造形とは

積層造形のひとつで、一層ごとにCO2レーザーを用いて粉末の表面をスキャンし、3次元立体を製作する装置です。

用途・メリット

  • 金型を使った製造方法では実現不可能な複雑な形状を形成できる。
  • 金型不要で生産リスクを軽減できる。
  • 意匠だけではなく強度も検証できる試作品が作れる。

材料特性

  • ナイロン12:強靭性を有し、丈夫で壊れない。
  • 折り返しのヒンジ形状も可能。
  • 造形可能最小肉厚は t=0.7mm 。
  • 内装品・電装品の実車搭載試験可能。
  • 塗装・革・ファブリック貼りも可能。

ワークサイズ

320×280×400

480×480×480

お問い合わせ

(株)村上商会は自動車業界で培った3CAD技術者を中核として、デザイン→設計→試作→金型→成形 まで支援する事業を行い、製造メーカーの皆様に対して、より付加価値の高いフルライン製品開発支援サービスをご提供致します。

設備のご案内

採用情報

村上商会グループ 採用情報

関連サイト

pius-kitcar.com
caserta.com
wyvern.com